1日2時間の運動をするダイエットは効果はあるが結局痩せない

今までいろいろなダイエットを試してきて一番楽で効果が微妙にあったのはこのダイエット。一日二時間ずっとウォーキングをする生活を続けていたことがあります。

食べたい者は我慢せず食べたいだけ食べて毎日とてつもない運動をしていました。

このダイエットをしている時は全く太ることはないけど、これは意外にもリバウンドにつながります。

というのもの運動をしている期間は太らないです。でも我慢というリミッターが存在しなくなっているため無尽蔵にものを食べるので痩せることは一切ないです。

ものすごいものを食べてものすごい運動して、当然身体には疲労がたまり毎日イライラしてきます。2年続けた結果最終的には疲れは感じなくなってきましたが、それでもそれだけの活動と燃焼をしているわけですからなんだかよくわからないけどストレスがたまっていきます。そのストレスが過食へとつながります。

ある日私はストレスの限界と、2年かけて少しずつ増えていった体重の増加に対する不安とイライラで運動をやめてしまいました。

一度増えた食欲は収まらず、そのまま体重は一ヶ月で5キロ増えました。

2年間過酷な運動を続けて食べることを我慢しなかった私は、2年かけて体重が5キロ増え、最後やめた時にリバウンドが発生して10キロの増加をしました。

結局、我慢をしなくてもいいということはどこかにしわ寄せが来るということですね。

ダイエットには我慢がつきものだということを実感した二年間でした。