おなら

これは有名なコピペです。

うんこ「開門!開門ーッ!危急の儀に御座る!開門致せーッ!」

肛門「ええい、騒ぐな!お館様は電車にご乗車中である!控え居ろう!」

うんこ「拙者とて直腸まで参って居るのだ!ご乗車中とあらばお降り願え!」

肛門「ううむ。…待っておれ!」

肛門「今は静かにしておりますが、どうやら押し通ることも辞さぬ構え。いかがいたしましょう?」

骨盤神経「ほーォ、うんこの奴がな…。ふん。お館様には伝えておく故、もうしばらく待たせておけ」

肛門「は、しかし…」

骨盤神経「待たせておけ、と言うておる」

大脳「はて、何やら下の方が騒がしいようだが…?」

脊椎「は。骨盤神経より便意の訴えに来た者が居ると…」

大脳「何、便意だと。扨て困ったことだ。あと二駅なのだが…降りる必要があるか?」

脊椎「いえ、それには及びますまい。そのような大事であるとは思えませぬ故」

大脳「そうか、うむ」

うんこ「…遅い!お館様はどうされたのだ!」

肛門「お館様への取次ぎは済んで居る。暫し待て」

うんこ「…肛門よ。おれとお前の仲も長いな」

肛門「何を……貴様、そのような事を言ったとて、ここを通す訳には行かぬ事くらい承知して居ろうが」

うんこ「ああ、そうだ。そうだな…」

肛門「だが、貴様は本当にうんこか?」

うんこ「お前、何を言っている?」

肛門「貴様はもしかしてうんこではなく、おならではないかな」

うんこ「……!」

肛門「おならであれば、おれの一存で通すことも出来る」

うんこ「お前、それは…」

肛門「…うんこよ。おれと貴様の仲も長いな」

肛門「何者だ!」

うんこ「おならです」

肛門「よし、通れ!」