Bose QuietControl 30 wireless headphones は最高のイヤホン

Bose QuietControl 30 wireless headphonesを私が買ったのは発売日から数週間後。それから使わない日はありません。そろそろ1年半くらいになるのかな。あまりにも便利なので時間を取ってマジレビューを書いてみます。かなり参考になるのではないかと思います。

本当に愛しているイヤホン

こんなに一つのものを大切に使ったのは初めてです。通勤でも使い、仕事中も使い、家の中でも使います。どんな時に役に立つのか。実体験を元に全部書いていきます。

メリット

  • 毎日の電車の中で赤ん坊が大声で泣いていてもノイズキャンセリングできるからイライラせず赤ん坊とも幸せに共存
  • 電車内で行われる悪口・大きな声での会話でもノイズキャンセリングで自己解決
  • 電車のガタガタした走る音もノイズキャンセリングできて本当に快適に本を読んだり眠れる
  • 渋谷を歩いていてヴァーにラヴァーニラという広告やミュージシャンの宣伝カーの音を消せる
  • 渋谷のスクランブル交差点の大半の音をカットして穏やかに歩ける
  • 会社オフィスでの悪口などをノイズキャンセリングできる
  • 好みではない音楽がオフィスの中で流れていてもキャンセルできる
  • 音質も良くて本気で音楽を楽しもうと思ったらこのイヤホンを使えばよい(いろんなイヤホンを買っては使わなくなったりしていたけどこれを買ってから無駄な買い物がなくなった)

デメリット

  • ノイズキャンセリングの能力は変化させられるけど違和感がすごいのであまり使ったことはない
  • ノイズキャンセリング機能を使っている時は話しかけられても気づかない(良いことでもあるけど強力すぎてやばい)
  • 自分の世界に没頭しすぎちゃって電車の中で怖い人にぶつかってしまっていて怒られてても気づかなかった
  • あまりにも快適すぎてこのイヤホン無しじゃ生きていけなくなっている
    • 過剰に耳掃除をしたら耳を痛めるみたいな感じに、あまりにも不快な音を遮断しすぎて、たまに外とかオフィスとかで不快な音が聞こえてくるとノイズキャンセリングしちゃったり簡単にイライラするようになってしまった
    • たまに忘れてしまって通勤している時に会話とか聞こえてくるとひどくうるさく感じてイライラがやばかったりする。ある種の病気みたいになっている気がする。
  • バッテリーなどの関係で首にかけるタイプだがリュックを背負う時に少しあたる。いろんなバックパックを背負ってきて背負えないものは今までに一つもないけれども、多少背負い方によっては痛かったりする。
  • 寝ながら付ける事もできるけどやっぱり気を使う。独立型のAirPodとかの方がやっぱり気を使わない。寝る時にまでイヤホンで音楽を効くのだとしたらそれは別途AirPodsみたいなイヤホンを用意したほうがよい。
  • 家の中で付けたまま行動してると家の中に不審者が入ってきたりしても気づけないなあとか考えちゃうほどに静かだし、訪問者が来た時のベルに気づけない。

これだけ使っても大好きな気持ちが衰えないイヤホン

デメリットも結構あって一年半のうち3回くらいこのイヤホンじゃなくなてもいいのかな?と考えたりはしますが、これ以上のイヤホンや音声機器がほぼないのはいろいろ試した結果そうでした。ここまでの良い製品を買った体験って食洗機を買った時と同じくらいかな。

悩んでいるなら買って損はない

もし買おうと思っている人は絶対買ったほうがいいです。絶対損はしないと思います。私は次にBoseのノイズキャンセリングの新しい世代が入ってきたら即買いは間違いないです。

高いイヤホンは壊れるのが不安なら保険に入る

私もそれが怖かったのでモバイル保険というのに入れています。この保険は端末を3台まで登録できるので、私はiPhoneとBoseのイヤホンとiPadを入れています。もし壊れても保険で無料か多少の出費だけで修理可能です。(Apple Care入るより複数の製品を守りたい人はこっちの方がお得です。)

また、Amazonでなら購入時に1530円を追加で払えば自然故障に対応してもらえるみたいです。購入フォームにチェックボックスがありますよ。でも自然故障だから落としてしまったり誤って壊してしまった場合はモバイル保険のように適用されないのかな?

質問受け付けます

Bose QuietControl 30 wireless headphonesについて詳しく知りたいけど、実際の生活の中でどうなのか?というのは一年半使った私ならではの回答ができると思いますので、購入をしたい人は私に下のコメント欄できいてください。気軽にどうぞ。