Google Driveにアップロードできるファイル数には10万程度が限度

Google Driveでファイルを同期することにした。私はファイルの紛失やバックアップを兼ねて全ての手持ちのファイルをGoogle Drive上に同期している。

全ファイルの合計は60万ファイルで、Dropboxでは問題なく同期できていたが、Google Driveに乗り換えた所二週間たっても同期は完了しなかった。

それ以上待てば同期が完了するのだとは思うが、流石にそれは待てないので、改めて手持ちのファイルを整理することにした。

手が加えられるのは下記の点だった

  • 念のために保持しているだけで普段しようしない、もしくは二度と使用する可能性がないものは圧縮することでファイル数を減らせる。
  • そもそも不要なファイルがあった。

これらの作業を行うことでファイル数は10/1程度の8万となり、一夜で全ファイルのアップロードが完了した。

Dropboxはディレクトリの名前を変更することで、ファイルの削除とアップロードを行うようだったが、Google Driveはファイル名の変更程度であればいちいちファイルの再アップロードは行われない。これはモバイル回線等で作業している時にかなり役立つ。

しかし、大量のファイルを気軽に扱えなくなるので、定期的な清掃が必要である。

無視できる拡張子などを設定できればいいのだが、今のところはGoogleでは大量のファイルを扱えないといえる。