Macを勝手にスリープさせない・一時的に起動しっぱなしにする

あーイライラする。Dropboxから大量のデータをローカルにダウンロードしてからじゃないと作業できないから、パソコンを立ち上げておいてしばらくしてから見に行くとスリープしてやがった。長い処理を実行させてる時に勝手にスリープするのは止めてほしいな。

それで都度パソコンの前にいってスリープを解除しては寝てを繰り返してたんだが、Amphetamineというアプリを使えば簡単に強制的に起動させることができることを知った。

使い方は簡単で、インストールした後このメニューバーから起動し続けたい時間を選択するだけ。Dropboxの説明にはあと5時間って書いてあったがどうせ嘘なのだろうから10時間強制起動することにした。

これでいちいちパソコンの前にいかなくてもOK。

ちなみにMacの省電力設定を変更するとかいうのは違う。省電力設定を一つの目的のために変更するのではなく、今回の趣旨は一時的に強制起動させるってこと。