電車の乗り方・駅の使い方のマナー

電車の乗り方と駅の使い方のマナーについて説明します。この説明は私が思いついたのではなく、私がされて困ったり、辛い思いをしたことを順次まとめているだけに過ぎません。それだけマナーの悪い人たちが多いということですので気をつけましょう。

電車の乗り方

  • 電車の椅子に座る場合は他の人も座りますので足を開いてではなくさ閉じて座りましょう。
  • ゲームをしたくても隣の人が窮屈な思いをしないように配慮をしましょう。
  • 満員電車の場合は潰されますが怒ったりしないようにしましょう。
  • ドアの入り口付近の人は一度外に降りて道をつくりましょう。
  • ドアの入口付近でなくても出るための導線上にいる人は流れにそって降りましょう。
  • 隣の車両に移動するためのドア付近では人が通れるだけのスペースを作りましょう。
  • 人が通ろうとしてる時は道を作ってあげましょう。あなたの部屋ではありません。
  • 隣に人が座っている時は眠って隣の人によりかからないようにしましょう。
  • 電車の中では静かにしましょう。
  • おならをしてはいけません。
  • くしゃみをする時は手でしっかり抑えましょう。

駅の使い方

  • 列に並ぶのか並ばないのか中途半端な場所に立つのはやめましょう。
  • 列に並んでいる順に乗車しますので、前の人を抜かしてはいけません。
  • 電車の中から降りる人が全員降りてから乗るようにしましょう。あなただけが乗るわけではありません。
  • リュックを背負っている時は前向きにかかえましょう。人が通れなくなってしまいます。
  • 傘を持っている場合は傘のはしが人の足にあたらないように気をつけましょう。