毎日自炊するコツは毎日自炊しないことにある!発想の転換でストレスなく節約手料理が毎日食べられる秘密とは?

毎日自炊するのは辛い

毎日自炊するのは辛いですね。毎日自炊している人は本当に尊敬できます!

でも毎日自炊する必要ってあるのでしょうか?50年前なら女性が家で毎日ごはんを作るのは当たり前だったかもしれませんが、現代では男女平等に活躍する時代です。共働きで料理をする時間なんてありません。

1日に3日分を作るように心がける

発想を変えるだけです。一度に作る料理を1日分ではなく3日分作るように心がけます。1日分も3日分も料理によって差はありますが、手間もストレスもあまり変わりません。

まとめて作ったら、初日はできたてを食べて、残った2日分はタッパーに入れて冷凍・冷蔵します。

たったこれだけ!

具体的にはどんな風な生活になるのか?

自炊する時は必ず3日分を作るようにすれば、実質月あたりの作業量は10日だけになります。

時によっては外食したり、出前を頼んだりして楽しむ事もあると思いますから、実際の自炊量はもっと少なくなるのではないでしょうか。

冷凍のおかずを作れるようになれれば、両親の帰りが遅い時でもお子さんが自分でおかずを解凍していつでもご飯が食べられますし、事前に冷蔵庫に家族全員のおかずを入れて自然解凍しておけば各々が好きな時間にご飯を食べることができます。

一度に作る量を増やして目的別にするともっと楽にできる

一度に作る料理を5日分作るようにすればもっと楽になります。肉をただ炒めておいて、解凍後に味付け(焼肉のタレや生姜焼きのタレをかけるだけ)などにしてもいいと思いますし、5日分作って、一ヶ月かけて毎週食べるでもいいと思います。

目的別に分けて

  • 漬物を2週間分切る日
  • ゆで卵を20個茹でてタマゴスプレッドを作る日
  • 豚の角煮を5日分作る日
  • ポテトサラダを3日分作る日
  • 鯖の味噌煮を10切れ作る日
  • ハンバーグを20個焼いて冷凍する日
  • 鯖の竜田揚げを20個揚げて冷凍する日
  • きんぴらごぼうを一ヶ月分作る日
  • 細くした玉ねぎと豚肉を煮込んだ豚丼の元を大量生成!
  • チキンカツを1キロ分作って冷凍

てなことをやっていくと、疲れたときは料理しなくても制約料理で済ませられるのです。

自炊しなくても自炊した生活

ここまで来ると毎週土日の料理だけで一週間生活できるようになります。自炊は毎日しなくても大丈夫なんです。