筋肉の超回復を理解して最短で最大の結果を出す

筋肉を最大限成長させるためには超回復について知る必要があるようです。

筋肉を増加させるには、筋肉の破壊と修復を繰り返さなければなりません。筋力トレーニングを行うことによって筋肉は破壊され、それから「24~48時間」かけて徐々に修復されます。トレーニング後は筋肉が破壊されてしまうので、トレーニング前よりも筋肉の総量 は減少しますが、適切な時間休息を与えることで修復され、さらには超回復が起きて、一度減少してしまったはずの筋肉がトレーニング前よりも大きな筋肉になるのです。つまり、超回復が起こるのを待ってから次のトレーニングを行う方法が、筋肉を増加させるには理想的といえます。

出典: http://www.cramer.co.jp/training/rest_3.htmI

トレーニング後に筋肉痛になるのは筋肉が破壊されているから。超回復が始まり筋肉痛が治った頃に次のトレーニングを開始するのが良いそう。24時間〜48時間かけて修復されるということなので、トレーニングを行ってから丸1日休み、2~3日目の同じ時間に再度トレーニングを行うのが良いということですね。(要は1~2日毎に休むのが良い)

筋肉痛の時にトレーニングを続けると筋肉が破壊され続け、筋肉がやせ細っていくそうです。逆に休息が多すぎると超回復後に元の形に戻ろうと治りすぎて、筋力にならないため、週1のトレーニングより1日毎のトレーニングがいいみたいですね。

出典先のサイトでは休息をせずにトレーニングをした選手は筋力が最初より減退しているという結果が出ていました。努力が逆の結果になっているんですね。

ただ、1日毎に休息を入れなければいけないのは悲しいですね。そういう時は筋肉痛じゃない部分をトレーニングして、順番に超回復を起こすのが良いかもしれません。この場合は超回復に使うタンパク質が足りなくなるのでプロテインなどで補給する必要があるかと思います。